2018/07/16
自律神経について

今回は自律神経について

自律神経は消化器を動かしたり、体温調整をするなどで、普段無意識にしている呼吸、循環、消化、排泄、発汗、体温調整、睡眠などをコントロールしています。
自律神経には交感神経と副交感神経が存在し

交感神経は仕事やスポーツの時に心臓の拍動や血圧を高めて、精神活動を活発にします。主に、昼に活発になります。

 副交感神経は睡眠、休息をとるときに働く神経で、心臓の拍動をしずめ、精神活動を休めます。主に夜、優位になります。

この二つがバランスを取り合い
身体の機能を安定に保ちます。

しかし肉体的、精神的ストレスを感じると
交感神経が過緊張し、副交感神経が抑制されるので
血液が鬱積し、血液の循環が悪くなり、不眠、頭痛、冷え、めまい、倦怠感など女性では月経不順など
様々な、症状がおこります。

当院では独自の方法でツボを鍼で刺激し全身の気、血液の流れを調整することで自律神経を本来の働きに戻して自己免疫力をあげる鍼治療に力を入れています。
また生活習慣の指導もさせていただきます。

昼と夜の温度差、クーラーなどから、自律神経は非常に乱れやすい環境です。

不眠、頭痛、冷え、めまい、倦怠感など、

お悩みの方、自律神経の乱れからかもしれませんよ!

是非当院でお待ちしております。