2018/09/02
肩の痛み

こんにちわ! 突然ですが石灰沈着性腱板炎というものをご存知でしょうか? 50代女性の方が来院されました。肩が急に上がらなくなり、痛くて動かせない、じっとしていても疼きがとまらない。 そして痛くて夜が寝れないということで来院してくださいました。 実際診させていただくと痛みのないほうの腕で痛い方の腕を抱えるようにされており、少しでも動かそうとすると痛みを訴えられます。 肩関節の部分を触らせてもらうと熱感があり、軽く触ると痛みまりもきつく訴えられました。 このような場合、マッサージ治療や運動療法をしてしまうと逆に炎症をきつくする恐れがあるため出来ないです。 ただ、鍼治療をすることができます。鍼に関しては炎症部分に関してでも、直接刺激を入れることができ、炎症をはやく抑えてくれる働きがあります。 実際に受けていただきました、痛みが全部とれるわけではありません。その時は多少マシになる程度。 なぜ痛みがでるのか。の原因がとれていないからです。ただ、実際にはそれが石灰沈着政権版円なのか、他の症状なのかはわかりません。。 なので、無理に治療をせずに整形外科にてレントゲンをとってもらうことを勧めさせてもらい、行っていただいた結果、石灰沈着性腱板炎の診断を受けられ。炎症止めの薬を頂き、3日ほどで痛みは落ち着いてきました 痛みが落ち着いてから可動域が少し悪くなっていたのがあったので、また治療に来ていただきしっかりと可動域が出るようにさせてもらいました。 実際整骨院で診れる症状。診れない症状があります。そこに関してはしっかりと判断させてもらい、対応させてもらいますので、どんな症状であっても不安なことがあれば一度おこしください。 お待ちしてます!